読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピアノ

昼間はまだまだ暑いけど、夏の終わりを告げるツクツクボウシの声がにぎやかになってきました。



お盆のお菓子って可愛い。いただくのを忘れていました。
 

日曜の晩から、子供たちは夫の実家でお泊まりしています。
昨日午前中だけ休みがとれた夫は、先日の整形受診の際の血液検査の結果を聞きに行きました。
せっかくの貴重な休みだったのに通院で潰れるなんて可哀想に・・・^^;
膝の痛み自体はかなりマシになってるそうで、医者の見立ても、原因はわからないけれど急性の靭帯の腫れで、一過性のものだろうとのこと。
レントゲンでははっきり写らなかったのですが、血液中のカルシウムがおりて溜まっている可能性があるとか(それ自体はそう珍しい現象ではないそうな)。
で、昨日さらに言われたのは、脱水症状でもそういった現象が起きるんだそうです。知らんかった。
やっぱり水分補給はまめにやらないとだめですねー。
夫は出勤時に大きい水筒を持って行ってますが、当然飲みたい時に必ず飲めるわけではないし、子どもや老人ではないのでそんなに意識して気をつけているわけではなかったし・・・これからはトシに関係なく気をつけなくては。
脱水、コワイです。

 束の間の一人の時間が過ごせた昨日は、日中久しぶりにピアノに没頭しました。
実家で埃をかぶっていたアップライトのピアノを、子どもが音楽教室に通い始めたのを機に去年運んできたのですが、息子は結局リビングに置いたキーボードで練習するし(私の目が届く場所じゃないと練習しない)、私も久しぶりにあれこれ練習しようと最初こそ意気込んでいたものの、結局時間がとれないのを言い訳に、ほとんど蓋を開けない状態が続いていました。たまーに、昔弾いたことのある曲をさらってみるぐらいが精一杯、今さら弾いた事のない難曲に挑戦するなんて無理やなあ・・・とあきらめかけていたのですが。

 このところ私の身辺で、昔やっていた楽器を再開したり、大人になってから新しい楽器に挑戦したり、という友人が増えています。
皆さん忙しい日々の仕事や育児の合間にも上手に時間を作って練習していて、むしろ忙しい人の方がかえって趣味の活動にも積極的だったりするからすごい(スポーツなんてやってる人は、どれだけ体力ある人なんだろうと、尊敬の前に、唖然としてしまう私)。
そして子どもの頃のように親から強制されてやるものではないからか、皆すごく生き生き取り組んでいて心底楽しそう。
それにしてもこうして大人になってみると、子どもの頃に親から色々習わせてもらったことは、贅沢なことだったなあとつくづく思います(自分が親になってみると、経済的なことはもとより、送迎だけでも大変なので、なおさら実感^^;)。
習い事には向き不向きもあるので、私も今となっては別に習ってなくてもよかったかなーというものもあるけど、逆に当時は何が面白いのかわからなくて終わってから友達と遊ぶのだけを楽しみに通っていた書道教室などは、やっててよかったなと思います(実際に字を書く機会はどんどん減ってますが・・・)。
 
 とにかく時間がとれなくてピアノの練習ができないなんてただの言い訳やな、と反省し、昨日は、楽譜は買ったもののほったらかしになっていた「乙女の祈り」と取り組むことにしました。
実はピアノを習い始めた子どもの頃に弾けるようになりたいと思っていた曲なのですが、そんなことすっかり忘れて結局、高校受験を機にやめてしまいました。一応中学生になるまでずっとピアノを習わせてもらっていた身でこの曲が弾けないというのは・・・私がいかにさぼり魔だったかということの証明です^^; 

昨日はみっちり、苦手な譜面と向き合って、とりあえず、通しで両手で弾くところまではこぎつけました。でもまだ全然、超ゆっくりでしか弾けないし、つっかえるし、話にならへん・・・。
ただ、中級レベルの曲とはいえ、結構指をこき使わないと弾けない曲なので、これがさらっと弾けるようになったら、少し自信がつきそうです。
本当は、この曲の他にもまだ、私にはちょっと難易度の高すぎる曲で弾いてみたいのがあるのですが、今のレベルではとても辿り着けそうにありません。
でもあきらめないでちょっと頑張ってみよう。目指せ、有言実行。

もうじき子ども達のお迎えに行きます。
この二日間、家の中がこわいぐらい静かで、のんびり羽を伸ばして過ごしました。
おばあちゃん、ありがとうございました。

遠くで雷の音・・・また今日も夕立くるかな?