読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

運動会

昨日は長男の小学校の運動会でした。
秋晴れというにはちょっと雲が多かったけど、しのぎやすい気候でよかった。
ただ、午後からは雲行きがだんだん怪しくなり始め、そのうち小雨が降ったりやんだり。まあ、なんとかもちました。
今年は夫が仕事で不在だったので、ほぼ次男にかかりっきりでビデオも写真も超適当。無理に撮らなくてもと毎年思うのですが、子どもに後で観たいから撮ってと頼まれ仕方なく^^;
個人競技以外は、我が子だけでなく、もっと全体の動きを見ていたいなあ。


夫が来ないのをいいことに、お弁当も超手抜き。
今週末が運動会ということすら失念していたため(オイオイ)、野菜少な・・・
しかも六時半起き(汗)。よう間に合った。我ながらあきれる。
次男は学校に着いて早々おなかがすいたと訴えまくり、結局10時過ぎからお弁当広げ、おにぎり食べ散らかしてました。

そういえば、始めと終わりにラジオ体操しなかったな。忍たま体操っていうのをやってました。
うーん、運動会は、やっぱりラジオ体操から始まってほしい。
なんか、自然にピシッとメリハリがつくと思うんですが。
運動会って秋のお祭りみたいなもんだから、古いと言われても、様式美でいいんじゃないかと思います。

自分自身があまりにもどんくさくて運動会にロクな思い出がないため、子どもの運動会なのにいまいち盛り上がれない身勝手な母^^;
ただ、自分が出るのは嫌だったけど、選抜リレーなんかの応援は好きでした。
走るのが得意な子同士が競り合っている様子は頼もしいし見ごたえがあります。

長男最初の出番、障害物競走は、走る順番やコースもあらかじめ聞いていたのになぜかいきなり見逃すという失態。
ビデオ撮影もテンパッて、えんえんとシートと地面と自分の靴が映ってました。
長男、二番でゴールしたそうです。おお、どんくさい私の息子のわりにはようやった。
ダンスも頑張ってましたよ。
小さい頃は、ダンスさせられてもほとんど棒のように突っ立っていたことを思えば、驚異的な成長です。
家でも、ここが難しいねん、などと言いながら、何度も練習をしていました。
とりあえず、学校生活結構楽しんでるんやなー、ということが伝わってきたので何よりです。
体が硬いこと、リズム感があまりないこと、体力がないこと、などなど、スポーツに関してはマイナスの要因ばかり目についてしまう長男ですが、昨日の様子を見ていたら、まあよくやってるよなあと思いました。
第一子、心配のあまりマイナスのことばかり目についてしまうような気がしますが、よくないですね。
私も運動が苦手なので、適切なアドバイスをしてやることができないのがちょっともどかしいです。


次男(左)、午前中は、何か食べてる時以外は大体こんな感じでした。
このあと、幼稚園のクラスメートの女子に転がされまくって楽しんでました。
もちろん服は砂まみれ。
最近、砂のある場所では必ず寝転がるんですが、やめていただきたい・・・。
お昼は長男も家族席に来て一緒にお弁当を食べました。
親戚一同で集まってるご家庭も多かったです。
私が子どもの時は、お弁当は教室に帰って食べてましたが、せっかく家族が来てるんだから、一緒に食べられるのがいいですね。
お弁当も作りがいがあるってもの。私も来年はもうちょっと頑張ろう。
隣の大家族シートから、みかんのいい匂いが漂ってきてました。ああ、今年も買うの忘れてたー。青いみかんは運動会の定番なのに。


午後は、運動場のはしっこの砂場を見つけてやっと次男が落ち着き、私もビデオ撮ったり、お友達と喋ったり、とちょっとのんびりできました。
小学校は人が多い分、幼稚園や保育園のお友達、ご近所さんなど、顔見知りの方にもたくさん会えるので、ほんと、地元のお祭りという感じで親も楽しい。
子どもが六年生にもなったら感慨深いんだろうなあ、と高学年の組体操を見ながら思いました。
帰ってから「二人ともよく頑張ったねー」とねぎらい、ふと次男に「何頑張ったっけ?」と聞いてみたら、少し考えてから「あそび、がんばった^^」と答えてました。
去年は我が子以外の競技も観て楽しむ余裕があったのですが、今年は丸一日次男の相手してたら終わってしまったという印象です^^;
普段行事の時は、いかに夫に子守を押しつけているかがよくわかります。
どっと疲れて夜は泥のように眠り、朝起きて時計見てビビりました。
母、やっぱりもうちょっと基礎体力つけないとな。

今日は台風の接近で大荒れの日曜日でした。
ギリギリでなんとか開催できてよかった。
10月には幼稚園の運動会、そして学校と幼稚園と子ども会の遠足、バーベキューなどなど予定目白押し。
体調整えて、楽しんでね。