読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現在過去未来

土曜日、大学の同級生の個展を観に、京都の二条に行ってきました。


   

町家を改造したオシャレなカフェの二階のギャラリーにて。


金魚の糞Tシャツ。
子どもが引っ張っても大丈夫なように、糞はゴムでできている。


鼻毛Tシャツ。
鼻毛は取り外しできるので丸洗いOK.


書家として活動中の彼ですが、「年をとるごとにアホな事をする」がモットーだそうで。今回は書展ではなくモード展でした。
・・・すみません、昔から私、彼がやることの趣旨の半分ほども理解できておりません(汗)。あ、理解しようともしていません(笑)。
でも、この「場」からも、彼本人からも、生命力と人類愛はじんじん伝わってきましたよ。



個展を観てからそのまま皆で近所のご飯屋さんへ。
大学卒業してからも何かにつけ集まっては遊んでいましたが、ここ十年ほどは皆お互い多忙でなかなか大勢で集まる機会も作れず・・・。
それでも疎遠になったという感覚はあまりないのですが、気がついたら出産してから一度も会ってない友人もいたりして、本当に久しぶりの貴重な時間でした。
こうして元気に集まって、変わらず楽しく過ごせることのありがたさをあらためて感じます。
お魚もお酒もとても美味しかった。皆ありがとー^^

人生のいろいろな時期に出会った人達と、同じ時代に頑張っている仲間として再会するたびに、不思議と元気が湧いてきます。
そして、こうやって元気に顔を合わせられるのはあとどれぐらいなのかな・・・?とも。
悲観的に考えてのことではなく、誰しも与えられた時間は限られているのだから。
私は昔からかなりぼーっと流されるままに生きてきた方だと思いますが、薄ぼんやりな人生なりに^^;限られた時間の中で今自分にできることを精一杯やりながら、一日一日大事に生きていかなきゃと思いました。




日曜日は夕方から家族でぶらっと奈良へ。
23年…もっと昔からあったような気もしますが、私の高校時代にはまだなかったのか・・・。
行って何するでもなかったのですが、なんとなく、また一つ賑わいが消えるなあという感じ。
と言っても今までは、週末に行っても閑散としていたのに、今日は閉店セール狙いのお客さんでごった返す盛況ぶりでした。

セールであれやこれや見ていたら疲れたので、ちょっとお茶でもと外に出たらもう陽も落ちかかっていました。商店街にある老舗のお好み焼き屋さんに入り、早めの晩御飯にしました。



次男は焼きそばガッツリ一皿たいらげました(毎度のことながら一口もらったらだいぶ怒られた)。
長男が注文した野菜炒めも海老やいかや豚肉やミンチまで入ってて美味しかったです。
こういう気軽に入れておいしいお好み焼き屋さんが近所にもあったらいいなあ…。


このところ朝晩の冷え込みがぐんと厳しくなり、秋が深まったというより、もう冬の気配。
夜は湯たんぽが欠かせません。
寒い朝に、いい具合にぬるくなったお湯で顔を洗えるのも嬉しいし、次男が湯たんぽのことを真顔で「ゆタンポポ」って言ってるのも可愛い^^
いつまでこんな可愛い言い間違いしてくれるのかな〜(もうそろそろしてくれなくなるな・・・><)