読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀河鉄道の夜 プラネタリウム版

月曜日、伊丹市立こども文化科学館に行ってきました。
目的はというと・・・

これ、2006年に制作されたプラネタリウム上映用のCG作品で、今も全国のプラネタリウムで上映されています。
数年前に、たまたまネットでこの作品のことを知り、プラネタリウムの360°大スクリーンでこれを観られたらどんなに素晴らしいだろうと上映館を検索するも、その時は行ける範囲内での上映はすべて終わっていました。

私、宮沢賢治作品にそんなに傾倒しているわけではないのですが(なにしろ俗っぽい人間なもんで)美しい映像を喚起させる独特の文体にはとても魅かれます。
小学校の国語の教科書に出てきた「やまなし」も大好き。
ますむらひろしさんのアニメーション映画(ネコのキャラクターの)は、中学生の頃に映画館まで観に行きました。
ネコのインパクトが強過ぎて賛否両論あったようですが、私は好きでした。


銀河鉄道の夜 [DVD]

銀河鉄道の夜 [DVD]

藤城清治さんの影絵による絵本も素敵。

銀河鉄道の夜

銀河鉄道の夜

同じフロアで、製作者KAGAYA氏(イラストレーター)の展覧会もやっていました。
ミニプラネタリウムに投影されたドキュメンタリー映像などにも思わず見入ってしまいました。



幻想四次の銀河鉄道の車窓を再現!?


・・・にはちょっと無理があるか^^;
ま、暗〜い雰囲気は楽しんだかな。


館内総じて質素ですが、子ども向けの科学館だけあって、子どもたちのハートはがっちり鷲づかみ。
すぐ近くに伊丹空港があるので、上映までどうしても間がもたなければ早々に飛行機でも見に出ようと思ってたんですが、二人とも楽しかったらしくて全然出たがりませんでした。
もちろん電車で行ったので、大阪で宝塚線に乗り換えるまではものすごいラッシュ・・・何度か命の危機を感じた( ̄0 ̄;ノ(出発時間を完璧に読み違えたともいう)
科学館まではJR伊丹駅から徒歩20分ほど。
ちなみに駐車場はありませんが、直近に伊丹スカイパークの駐車場があります(有料)。
路線バスもあります。
今回は利用しなかったため、ラッシュの試練の後には長いこと歩かされ、さんざん体力消耗してたどり着いたというのに長男は・・・



太陽系サイクリングとかいう、制限時間内に「太陽」から「海王星」まで走りきるゲームに夢中。
わき目もふらずに運転中、の図。

肝心の本編ですが、いやもう言葉にならない素晴らしさでした。頑張って行った甲斐があった・・・。
もともと原作のイメージには強い思い入れがあり、また作品のことを知ってからずっとずっと、プラネタリウムで観られる日を待ち焦がれていた作品なので、感動もひとしお。
夕陽を受けて走る軽便鉄道、無数の三角柱の光、青白く輝くりんどうの花畑、風を切って舞う純白の鳥の群れ、あかあかと燃える蠍の火・・・。
ジョバンニ達と一緒にゴトゴト汽車の旅をしていたかと思えば、俯瞰しながら上空に舞い上がったり、と映画というよりは壮大なアトラクション感覚で楽しめます。まさにプラネタリウムで体感するために生まれた作品です。


銀河鉄道の夜(プラネタリウム版) [DVD]

銀河鉄道の夜(プラネタリウム版) [DVD]

本編が始まる前に、通常のプラネタリウムの星空案内もしてくださるのですが、さすが子ども向けプラネタリウム、お姉さんの解説も対話形式でわかりやすく、小さい子どもでもリラックスして見られる雰囲気満載です。静かにしてないと叩き出されるっていう雰囲気は皆無。
うちからはちょっと遠いけど、また子どもと一緒にプラネタリウムを観る時はここに来よう、ここに来るべき、と思いました^^
そういえば一昨年、初めてプラネタリウムに連れて行った時には暗闇を怖がって結局寝てしまった次男(本当に夜になったと信じ込んでいた)ですが、今回はそんなそぶりもなく、楽しんでいたので成長を感じました。
それにしても今時のプラネタリウムって、すごい。興奮しちゃいます。
一昨年、30年ぶりぐらいに再見した時には、昔と比べてあまりの進歩に愕然としました。
メガスターとかいう機械。500万個ぐらい星が見えるんやってー!!

そういえば図書コーナーで、昔うちにもあった懐かしい本を見つけました。

私の宇宙に関する知識は、多分この本で止まっている(え、中学は?高校では??)。



星の砂。幼稚園ぐらいの頃に流行ってた記憶が・・・。
懐かし過ぎて、思わず購入。



終わってから、子どもの希望で工作など。


科学館を出る頃にはちょうどお昼どきだったので、おにぎりを買って、歩いてすぐの伊丹スカイパークに向かいました。


この日は好天に恵まれたこともあり、公園、最高でした^^
ここだけ目的にお弁当持ちで来るのもいいかもです。
なにしろ間近で飛行機の離着陸(特に着陸の方)がバンバン見られるし、あちこち桜も咲いているし、大きな遊具もいっぱい!!
飛行機にも遊具にも興味のない私ですが、かなりテンション上がりました。


猿の血が騒いだようですよ。

私も念願かなったし、子ども達は中でも外でも存分に楽しんだようだし、なんだか珍しく春休みっぽい一日でした^^
まあ一日ぐらいはこんな日がないとな。
帰りは帰りで、明らかにジュース飲み過ぎの次男がホームで吐いたり長男が姿くらまして大目玉食ったりと、まあ一筋縄ではいかない道中でしたが(TωT )無事、夕方には帰宅。
母の楽しみに付き合ってくれてありがとうよ、子ども達´ー`