読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山麓公園

いよいよ、子どもらの小学校と幼稚園の新学期が始まりました。
やっぱり春は新年度のスタートにふさわしい季節。
ダラダラの春休み生活から、私も心身ともにバージョン切り替えて、気を引き締めなくては。


日曜日の昨日は毎年恒例、山麓公園にて、長男の保育園時代のお友達とのお花見・・・


・・・のはずが、すでに半分ぐらいは葉桜になっていました〜^^;
今年は咲き始めが早かった上に、先週の嵐でほぼ終了しちゃいましたね。

お花見ができないから例年のこのシーズンよりは空いてるかも・・・なんて思っていたら甘かった。
昨日は暑くもなく寒くもなく、ホント行楽には持って来いの日和だったせいか、公園は大盛況。
車停めるにも一苦労。


上の写真ではちょっと肌寒そうにも見えますが、気候的にはこれまでのお花見と比べてもベストだったかも。
あんまり暑いと子ども達、池に飛び込んじゃうし^^;

長男が乳児だけの保育園を卒園した春、卒園行事の企画に関わった有志5家族ほどでお疲れ様会をやろうということでここにお花見に集まったのが、今からちょうど5年前のこと。
私は当時臨月で、数日後に無事次男を出産しました。

いつも中心になって皆に声をかけてくれるママとは、実は長男を出産して入院していた産院で出会いました。
一年半後に入った保育園で彼女の方から見つけて声をかけてくれて以来の付き合いになります。
子どもも男の子同士、Y君は昔からすごく人懐っこくてしっかり者で優しく、当時あまり誰とも絡もうとしなかった長男にもよく話しかけてくれていました。
その後、長男は幼稚園に転入し、小学校はそれぞれ違う校区なので、会うのはほんとにたまになんですが、会えばいつもすぐに打ち解けて盛り上がっています。
お互い初めての出産を終えてすぐに出会い、いろんな偶然が重なっていまだにこうやってお付き合いさせていただいていることに、なんだか不思議なご縁を感じます。

今年は大人16名、子ども17名、総勢33名の大人数の集まりになりました。
乳児だけの小規模でアットホームな保育園だったので、保護者同士の距離感も近く、いまだにこうして家族ぐるみのお付き合いが続いています。
子どもの成長とともに、年々集まる機会も減ってきたので、会うたびにニョキニョキと雨後のタケノコのように成長していく子ども達の姿には驚かされるばかり。
子ども達も年々手がかからなくなってきて、親もだいぶゆっくりお喋りできるようになりました。
残念ながら来れなかったメンバーもいましたが、久しぶりに会えたメンバーもいて、大人も子どもも楽しい時間を過ごしました。

手がかからなくなった、と書きましたが、成長した子ども達は今度は「皆でアスレチックに行きたい!!」と主張^^;
うちも何回か行ったけど、ここのアスレチック、結構本格的なのよねー。
というわけで、うちのパパともう1人お友達のパパが引率してくれて、子ども達はアスレチックへGO!!
少し遅れて公園に到着した子ども達も、また別のパパがアスレチックへ連れて行ってくれました。

うちが前にアスレチックに来たのは夏の終わり、まだ暑過ぎて誰も公園に来ないような季節だったので、ほぼ貸し切り状態でスイスイ進めたんですが、今回は大混雑だった模様。
しかも大人数の子ども達を引き連れて行ってもらったので、戻ってくるまでに二時間ぐらいかかってました。
そして戻ってからも容赦なく「ハンターごっこやろう!!」と催促の鞭を打つ子ども達^^;
いやーパパ今日は本当にお疲れ様でした!!


次男もアスレチックにはついて行ったのですが、その後は、いつも相手をしてくれるパパが大きいお兄ちゃんたちとハンターごっこしていたので、1人でえんえんと汽車の遊具と古いケーブルカーのところで遊んでいました。
まだまだ1人で放っておいては危険なので、ママもお付き合い。
しかしまあえんえんと、多分ほっといたら日が暮れるまでここにいたと思います。よく飽きひんなあ・・・。
親の手を離れて遊べるようになるにはまだもう少し、時間がかかりそうですが、そうなったらそうなったで、ちょっと淋しいかな。

来年もまた、皆で集まりたいです。