読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晩夏

夏休みのゴールが見えてきました。
暑さのゴールはまだまだだ・・・


夏休みの自由作品、今年は長男がお習字をやる!というので、お手本書いたるわー!と、ン十年ぶりに、私も筆を握ってみました。
子どもの頃、お習字教室に通っていた時は、硬筆は好きだったけど、毛筆は嫌い。
大人になって冠婚葬祭で筆ペンをちょいちょい使うようになっても、やっぱり難しくて苦手意識が抜けません。
でも、久しぶりに半紙に向かうとなんだかきりっと身が引き締まっていい感じ。
書いてみたら、やっぱり思うようには書けないけど、すごく楽しかった。
書道、深い。


長男は、今年から学校で書道の授業が始まったばかり。
道教室には通っていませんが、常々、お習字楽しい!と口にしていたので、とりあえず何も言わずに書かせてみました。
そしてその出来上がりに思いきりずっこける・・・。
見れば筆は思いきり寝たまま。正座もしてないし、背筋はぐにゃぐにゃ。
学校の授業では椅子だもんね。
そこでここから、母のスパルタ書道塾。


いや、最初はほんとにどうしよう、と思いました。
上手に書けなくても全然いいんだけど、書き方がまったく鉛筆の書き方で、筆に力をこめて書くという事が全然わからないらしく、なんかふわっふわのミミズみたいな字で。
授業では1人の先生が30人以上を見るわけだから、そりゃまあ多くは望めないよね・・・。
でも、結構短い時間で、力を入れて思いきり書くこつは体得できたと思います。
大胆過ぎるぐらい大胆なほうが、いいのね。
私も子どもの頃、それがなかなかできなくて、毛筆は苦手だったのよ・・・。
長男、よく頑張りました。
あー、これで肩の荷が一個降りた・・・。
絵だと、手伝い出すとつい手を出し過ぎて親の作品になっちゃう危険性があるけど、お習字なら、来年からは自力でなんとかやれそうなんで、今後も夏休みの作品はお習字を推してみたいと思います^^;
あとは読書新聞というのが残ってまして・・・これまた頭痛い。
だって読書しないんやもん><


次男は色々お手伝いやってくれてます♪
幼稚園に提出するカレンダーにお手伝いシールを貼らないといけないことを思い出した時だけ、怒涛のようにお手伝い攻撃^^;
写真はゴミ出しと、洗い物。

さあ、夏休み、ラストスパート。
陽射しはほんのり秋めいてきましたが、まだまだ残暑厳しい日が続きます。