読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋雨前線通過中

雨の朝、幼稚園の送迎のために玄関のドアを開けたら、一瞬で蜜のように濃厚な香りに包まれました。
うちの庭ともいえない庭に、数年前、何も考えずに植えてしまった金木犀。
こんな狭い土で育つのか、という不安をよそに、去年あたりから、この季節になるとしっかり可愛い花を咲かせてくれるようになりました。
ほったらかしていても枯れない、生命力の強い植物だけが生き残るサバイバルガーデン・・・。

少し前に、長男のお友達のパパが整骨院を開院され、お友達家族何組かでお邪魔して診ていただく機会があったのですが、私は施術の結果、骨盤を始めとする骨組み全体で気になる歪みはほとんどなく、比較的整っていると言っていただけました。ちょっと意外でしたが、安心しました。

十代以降では確実に今が一番体調はいいと思うし、体力もあると思う(あくまでも当社比です)。
若い頃に比べたら体力が…体調が…運動神経が…お酒が…等々よく聞かれるセリフも、元から虚弱な私には当てはまらず、年齢が体力にやっと追いついてきたって感じ。ま、それはそれで情けない気もするが(-.-;)
あと、育児は逃れようのないトレーニングだなと日々実感。

指摘されたのは、自覚症状も思いっきりある足腰の慢性的な冷え。
立ってるだけで常に足腰が疲れてるという笑えない体質で、だらしないとは思いつつも、常にどこかに身体をもたせかけて姿勢を保っている状態。
よく、日頃からたくさん歩いてるから足腰丈夫なんじゃない?と言われるのですが、考えてみると、歩くという行為は、当然身体を動かしている状態なわけで、じーっと立ってるだけとか座ってるだけというのは、案外筋肉消耗するものなのですね。
電車の中でじっと立ってるとか、台所で立ち仕事をするとか、動きの少ない状態が一番こたえる。
ゆったりとした動きの日舞なんか、優雅に見えてすごくハードという最たるものではないかと想像しております。
ちなみに歩くのも、散歩程度なら大丈夫だけど、山歩きとなると筋力のない人間には当然ハードル高いっす^^;

冷え性には、よく言われますがやはりショウガがとてもいいそうです。
すりおろしより、スライスの方が、長期的には効くらしい。
牛肉豚肉も避けて、たんぱく質は鶏肉や大豆で摂るのがベスト。
でも、大豆といってもお豆腐のにがりは冷えにはよくないと。
あと、わざわざ言われたわけではないけど、当然甘いものも本当は控えるべきやろうなあ、砂糖は身体冷やすっていうし・・・あ、それに南国系のフルーツも・・・などなど、色々配慮してたら超ストイックな食卓に。
なかなか実行にうつしきれておりません。

その後、たまたま高校時代の友達の家にお邪魔する機会があり、やはり昔から冷え性に悩まされている彼女が「すごくいいよ〜!!」と出してくれたのがこれ。

タイムリーに、ショウガです。
彼女曰く「これを飲んだ日と飲まない日とでは、確実に体調が違う」んだそうで。
その場では何気なくいただいて、夕方おいとましたんですが、帰宅したその晩、洗い物をしている時にふと、足腰がすっごく楽なことに気がつきました。
二本の足だけで軽々と立ってられる・・・というと変に聞こえるかもしれませんが、普段は一日の終わりにはもう足腰に疲れが溜まりきっていて、体重を支えるのが危うい感じなので^^;
それが、入浴もまだなのに、明らかに脚の血管の巡りがすごくいいのにびっくり。
整骨院で施術してもらった後のポカポカ感には届かないけれど、おお、ちゃんと血が流れてる。
これ、毎日飲んでみようと思います。
この商品はその辺の薬局に置いてますが、ま、これじゃなくてもとにかく意識的にショウガを摂ろう。
寒い季節に向けて気合い入れねば。