読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大晦日

パソコンの不調でブログ更新さぼっていたら、なんともう大晦日。早い・・・。

その間に長男はサッカー教室の合宿(一泊)に今回もいやいや参加、でも帰ってきた時の表情は前回に比べてずいぶん明るかったのでひと安心。
ただ、「参加しないといけない」ことが本人にとっては大きなプレッシャーになっているようなので、次回の参加をどうするかは検討の必要ありかな。
一応参加必須ではあるのですが、春休み・夏休み・冬休みごとに合宿、というのも、それがプレッシャーに感じてしまう子にとってはちょっと頻度高いと思う。
せめて年1回なら、ちょっと無理してでも頑張っておいで、とこちらも送り出してやれるのですが。
この年で絶対クリアすべきこと、とも思わないので(喜んで行ってくれればそれにこしたことはないのだけど)、次回はちょっと考えてみようと思います。

我が家にも無事サンタさんが来て、思っていたよりは豪華なプレゼントが届いたようです^^;
長男がクリスマスの絵本の影響か、サンタさん宛に「ゆっくり休んでいってください」とソファーにお手紙を置いていました。
親が必死に芝居打たなくても、結構疑わないものなんやなあ。
私が子どもの頃は、親も特にサンタさんを信じさせようという気もなかったようだし、信じたこともなかったので、小学生になってから「イブには寒いけどサンタさんが入ってこれるように窓をちょっと開けて寝る」と同級生が真剣に話してるのを聞いて、夢があるなあとちょっとうらやましかった。
ご近所の同級生女子は、二年ぐらい前から疑い始めてもうわかってるみたいだけど・・・その辺男子は幼いというか純粋というか、まあ、とりあえずこのままにしておこう^^;

冬休みに入ってから私の体調がいまいちだったので見事にダラダラ過ごしていたら、カレンダーの並びの関係で例年よりゆっくり休みの取れた夫が、そこらじゅうぴかぴかに大掃除してくれておりました、とほほ・・・いつも仕事で大変なのに休みの日までありがとうございますというよりごめんなさいでございます。
子ども達まで入浴中にお風呂掃除をしてくれて、母は本当に助かりました。
おかげさまで体調も復活。今日になってやっと、キッチンまわりの小掃除だけ。
今年は喪中ということもあり、おせちもほとんど作らず、とりあえず食べるものがないと困るのでお煮しめだけは作り、蒲鉾類は買ったので、あとはお雑煮の用意ぐらいかな。
ひっそりとした年の暮れを過ごしております。
皆様今年もお世話になりました。