読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

運動会

先週土曜日、抜けるような青空のもと、長男の小学校の運動会が行われました。

 今年は冷夏だったので、運動会はさぞや涼しく過ごせるだろうと思いきや・・・甘かった。

今年は夫が仕事で来られないため、お弁当は例年よりさらにショボい仕上がりでよしとしてしまった・・・毎年、息子らにはすまなさでいっぱいなんである。

 

f:id:yukobee:20140927062531j:plain

自分用メモとして写真を張り付けたものの・・・ほんまにしょぼくてガッカリΣ(゚Д゚)

ご近所の方の、差し入れのごっついカツサンドをうまそうに食べる長男・・・ひゃーすいません。来年はもうちょっと頑張ります。

 

運動会種目、たとえば徒競走だったら、自分が何番目に何番のコースで走る、というのを、本人が事前に記入したプリントを親は渡されています。

長男の学年のチーム競技、同じクラスのお友達(男子)ママと観戦していたのですが、何番目にどこの位置、というのが、長男とお友達、ありえないことにまったくかぶっていた(例・順番は五番目、位置は一番右)。

「どっちが合ってるんやろ」

「うちの子が間違ってるんやろな~」

「いや、絶対うちが間違ってるって~」

(お互い謙遜ではなくマジ)

とママ同士でブツブツ言いながら観ていたら・・・

 

どうやら長男が合っていたらしい。

おお、珍しいこともある。

 

帰宅後。

「今日の○○○○(チーム競技)、俺と○○(お友達)、ポジション間違って入れ替わってしもたけど、かえってその方が速く進めてよかったわあ~♪」

 

・・・おーい、やっぱりアンタの書いた位置が間違うとったんかい~(≧▽≦)

ある意味、期待通りの展開に安心しました・・・。

そしてすぐにお友達ママにメールで伝えたところ、

「うちは自分がポジションつく時に間違ったって言ってる・・・」

・・・どっちもどっちでした。

といいますか、男子の場合、結局真相は闇の中なんですが( ̄▽ ̄)

 

次男は年長児の出る種目があったので、それに参加。

幼稚園のお友達もいっぱい来てました。

保護者席に戻ってビデオスタンバイオッケー。

生で見られないパパに見せるために、見逃さずに撮らなくては・・・。

と、始まった競技を念のため最初から撮影していたら、肩をポンポンと優しく叩かれ、振り向くと、なぜかそこには笑顔の次男。

 「やっぱり走るのやめたぁ~♪(≧▽≦)」

・・・。

来年は頑張ってね、一年生。

 

そういえば今年は 長男のチームの応援団長がお友達の娘さんだったのですが、よちよち歩きの頃から知ってる彼女が、先頭で凛々しい姿で頑張ってる姿に私までウルウルしっぱなし。本当にかっこよかった(ノД`)・゜・。

おまけに最後、応援を一番頑張ったチームにもらえる賞までもらってました(子どもたちは総合優勝よりむしろこっちを喜ぶ傾向)。ううーおめでとうおめでとう!!

成長した雄姿がまぶしかったです。

 小学校も学年が上がってくると、みんな確実に自分の世界を築き始めていて、自分自身の道をしっかり歩き始めていて、これからはこの子達の時代なんだな、と痛感します。

 若いって素晴らしいですね。