読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スキー

初めての子連れスキーに行って来ました。

3家族総勢12名、金曜日の晩から各家族ごとの車で出発、早朝に梓川のインターで合流して白馬まで。
大寒波がくると聞いていたのでどうなることかと構えてましたが、道中はほぼ段取り通り。
次男は走り出してしばらくしたら熟睡モード、長男はなかなかうまく寝つけずにいつまでもゴソゴソ。夜半近くなってようやく寝ついた様子。

諏訪湖を過ぎた辺りからは、降るような星空。
しかし運転中の夫は一度も見られず(SAでは、明るさのせいか全然見えなかった…)。
長野に入ってから外があまりにも寒くなって、冷え性の私がトイレ休憩を何度も我慢してしまうほど(^_^;)

着いたらこんな状態。
宿泊したのは、グリーンプラザ白馬というホテルです。

ホテルの目の前がゲレンデです。


一日目はとりあえず小学生チームをスクールに入れ、午前中はママ達が未就学児に付き合って、キッズスペースで雪遊び。
午後からはパパ達と交代してゲレンデへ。
どんくさい上にスピード恐怖症の私は絶対ハの字でしか滑れません(だからスノボは無理)。
久しぶり過ぎて、まず乗ったリフトから無事降りることができるのかというすごく低レベルなことから不安でした( ̄∀ ̄)
それでもいざ滑り出したら、下手でもそれなりに楽しい。景色もきれいだし。
この人こんなにノロノロ滑ってて何が楽しいんだろうって思われてそうだけどいいのだ^^;

最近のスキー板って、ロングでもそんなに長くなくて扱いやすいです。
夫は十年ほど前に最後にスキー行った時に買った、ショートスキーを持参。
ウェアも20年前とは様変わり。昔はピタピタパンツに蛍光色が定番だったなあ^^;
あの時代に流行ってたスキーウェアの蛍光色とかハイレグ水着とか、当時でも「これは正気の沙汰じゃない・・・」と思って引いてましたが、今はショップでも渋い色のウェアばかり並んでるので、それはそれでなんか物足りない気がする。


午後から吹雪いて寒くなってきたので、夕方は早めに切り上げてバイキングの夕食。
泊まった部屋がゲレンデ側だったので、ついつい誘われ・・・

夜になって雪も風もやんだし、気持ちいいかなと思ったけど、雪が若干湿ってシャリシャリしてて、結構怖かった〜。
でもナイター初体験できて楽しかったです。


二日目は山のてっぺんまで登ってみた。
一番怖かったのは、安全バーのついてないリフトが途中で止まったこと・・・。


夕方、初めて親子三人で滑りました。
一日スクールに入れただけで、曲がりなりにも滑れるようになるもんなんやな・・・。
長男、まだターンができないので、ハの字でひたすら直進です。
これがまあなんの躊躇もなくて、リフト降りたらコースも選ばずそのままの勢いで降りていくので、ノロノロペースの私は結局一回も長男に追いつけなかった^^;
何度か転んでたけど、人にぶつかったりといったヒヤッとするようなことはなく、面白さに目覚めたのか何度も何度もひたすら滑ってました。意外〜。
最後はお友達とも一緒に滑れて大満足。

私はホテルの食事が美味しくて食べ過ぎました。
飲めるチームは飲んでたねー( ̄∀ ̄)
私は弱いのでさすがに体力温存のためやめときました。
滑って、食べて、温泉であったまって、寝て起きたら朝からまた温泉であったまって・・・
雪景色を眺めながらの露天風呂が最高でした。
このところなまっていた体がようやくシャキッと目覚めた感じで、帰ってきてからもすこぶる調子いいです。
ホテルに二泊したので旅の疲れもなく、思う存分楽しむことができました。
子ども達は一足早い修学旅行気分で部屋ではテンション上がりっぱなし。
二日目の夜は、ほとんど全員が一部屋に集合して寝ていました。
布団からあぶれた次男を途中で引き取って部屋に連れ帰ったのですが、しばらくしたらまたすたすたとみんなの寝てる部屋に戻って行ってしまいました^^

1人で運転頑張ってくれた夫にも感謝です。
夫も二泊のおかげで、思っていたよりかなり楽だったらしい。
企画から手配まで完璧に取り仕切ってくださったSさん、ほんとにありがとうございました。

それにしても、雪国の寒さって凄まじい。
スキー中は気にならなかったけど、帰りにホテルの玄関から車に荷物運んだり乗り込んだりするほんの一瞬に、命の危険を感じました^^;
寒さが骨に突き刺さってくる・・・これ、薄着だったら確実に死ぬ。
乗る前にパパ達は雪かきでもう一仕事、ご苦労様です。
次男は車に乗るまでの一瞬、号泣しながら歩いてました。
自宅に戻ってきてあったかいと感じたのは初めてです・・・。

あーまた行きたいなあ^^