読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この夏の成長

長男、サッカーの合宿から笑顔で帰宅しました。

晩御飯に用意しておいた好物のカレーを何度もおかわりしながら、試合の決勝で敗退して悔しくてみんなで泣いたこと、食事のバイキングが美味しくていっぱい食べたこと、夜部屋で枕投げして楽しかったこと、全員二段ベッドの上段で寝たこと(一つの布団に二人で寝た)、ケガで参加できなかった仲間に電話をかけて一人一人喋ったことなどなど、機関銃のように話してくれました。
過去二回参加しましたが、毎回バスを降りてきたら疲労困憊という感じで、話しかけても超不機嫌。
今回、長時間のバスも大丈夫だったとのことで(酔い止めは服用しました)、少しずつ体力がついてきた分、みんなと楽しめる余裕も出てきたのかな。
焼けて少し引き締まった顔に成長を感じました。
大まかな成長曲線というのは大体決まっているだろうけれど、細かな部分は個人差があるので、その子その子の状況に沿って「今!」というタイミングに背中を押してやれるといいなと思います。なかなかうまくいくとは限りませんが。
あと、なんといっても、普段からみてくれているコーチの人柄が本当に誠実で温かいことがチーム全体の雰囲気のよさにも繋がっていて、決してスポーツが得意とはいえない長男も心から楽しく練習に参加でき、それなりに、というよりむしろこちらの予想以上に、上達もしてモチベーションをキープしていることにはつくづく感謝です。

今年も山上の花火ショー行ってきました。
このところ立て続けに台風が来ていて、週の後半になるといつもお天気が微妙。
この日も朝はピカピカに晴れていたのに、夕方から怪しくなり始め、でもこの日を逃すとまた次来れるかどうかわからないし・・・と見切り発車で山上へ。
一瞬パラッときたあとも真っ黒な雲が空の半分ぐらい覆っていたので、直前までドキドキ。
遊園地でいくつか乗り物に乗った後、持って行ったおにぎりを食べながらショーが始まるのを待っている間も、いつ豪雨がきてもサッと撤収できるようにと気が気じゃない状態Σ(゚Д゚)
でも無事に花火見ることができてよかった。
下界より2℃程度気温の低い山上は、本当に涼しくて爽やかでまさに納涼花火。
この夏、あと一回ぐらい行けたらいいな。

山上の絶景スポットは、モノレールサイクルだと思う。
この位置だと、上からは大阪平野の夕景が見渡せます。
この日はいろんな場所で雨が降ったり止んだりしていたようで、虹も一瞬出ていたしさぞかしきれいだったことでしょう。
でもあまりに高くて怖いので、私、今回は長男の付き添いを断りました(◎_◎;)
長男は一回目は一人で、二回目はお友達と乗って楽しんだ様子(・∀・)
夏休み、結局ずーっと地元にいますが、近場に遊園地とプールがあってだいぶ助かっております。
いつまでごまかされてくれるかしら( ;∀;)